茜さん97 〜呆然と…〜

僕「着いたよ。」

と、茜さんにライン。

が、しかし、茜さんから返信がきません。
それどころか、既読にもなりません。
そこで、電話してみました。
が、こちらも出ません。

僕はしばらく待つことにしました。
ラインはいっこうに既読になりません。

また電話してみました。
出ません。

外を散歩したりコンビニに行ったりしながら、1時間くらい時間を潰しました。
茜さんからの連絡はきません。

僕は呆然としてしまいました。
このままになったらどうしよう…

しかし、僕はもう少し待つことにしました。

なぜ、こんなに待つのか?
それは…



僕が茜さんの家を知らないからです!/(^o^)\



茜さんは僕の家にやってきます。
しかし、僕が茜さんの家に行ったことはありません。
家の場所を決して言わないからです。

よほど警戒されているのでしょうか?
それとも、普通そういうものなのでしょうか?

よく分かりませんが、とにかく待ちました。

時計の針は午前4時を回っていました。
さすがにもう来ないよな…

仕方なく帰ることにしました。
茜さんに「また、勝手に帰って。」と言われるかもしれませんが、2時間以上待ったんだから良いですよね?

自宅に着いたのは5時過ぎ。
そこから少し寝て、会社へ行きました。

つらい…




(つづく)

にほんブログ村


茜さん98 〜それから僕は…〜
PREV
NEXT
茜さん96 〜真夜中のドライブ〜
About this site
40歳を過ぎた男が本気で結婚を夢見て、婚活をしてみました。
About me
年齢:40代
仕事:某企業総合職
年収:1000万円未満
婚活歴:3年目