茜さん54 〜ちょっと、どこ行くの?〜

茜「ちょっと、どこ行くの?」
僕「どこって、ウチだよ。来るんでしょ。」
茜「だから、荷物持って行くって言ったじゃん。」
僕「ああ、言ってたね。」
茜「だから、私の家によって。」
僕「ああ、はいはい。」

荷物って、車で運ぶほどの???
ああ、茜さんのことだから、また甘えてるのか。
それもカワイイな(´∀`)

と、この時は思っていたんです。

茜さんの家の近くに着きました。

茜「荷物持ってくるから、ちょっと待ってて。」
僕「運ぶの手伝おうか?」
茜「いい! 絶対についてこないでよ。」

茜さんは、自分の家を絶対に教えないんですよね。
だから、僕もわざわざ聞かないようにはしていますが。

しばらくすると、茜さんが鞄を3つ抱えて戻ってきました…


遊びに来るって、一緒に暮らすってことか!:(;゙゚'ω゚'):


展開、早いな(^^;;

僕「そんなに着替え持ってきたの?」
茜「こっちは靴と鞄。あとはシャンプーとか化粧品とか。」
僕「通りで。」
茜「はい、出発。」

こうしてたくさんの荷物を抱えて、茜さんが僕の家にやってきました。



(つづく)

にほんブログ村


茜さん55 〜家に荷物をおいて〜
PREV
NEXT
茜さん53 〜そして当日〜
About this site
40歳を過ぎた男が本気で結婚を夢見て、婚活をしてみました。
About me
年齢:40代
仕事:某企業総合職
年収:1000万円未満
婚活歴:3年目