個室での攻防1 ~攻め方、守り方、1つの方法じゃダメだ!~

個室パーティーにも色々あります。

ホワイトキーのように短い自己紹介タイム&フリータイムのところ。
通常のパーティーとシステム的にはそんなに変わらないのですが、仕切りがあるため他の人が気になりません。
誰が人気あるとかも全然分からない。
だから、安心して話ができます。

⇒ホワイトキーの詳細はこちら

また、PARTY☆PARTYのように自己紹介タイム1週のみというところもあります。
こちらは話せる時間が5~6分と長めなので、じっくりと話すことができます。
「2分程度の話じゃ決められない!」という方にはお勧めです。
相手のことが分かりやすいですしね。

⇒PARTY☆PARTYの詳細はこちら


これは僕個人の感想ですが、個室パーティーに参加される女性は「外見よりも中身で勝負」という方が多いと思います。
通常パーティーだとフリータイムのときに誰も自分のところに来ない…という恐怖心を、女性なら誰でももつみたいです。
しかも、他の男性からも女性からも丸見えなので、「あの人、人気ないんだな」とか、すぐに分かってしまう。
外見で勝負してくる女性は、自己紹介タイム2~3分の乗り切れば何とかなっちゃうんです。

ただ、フリータイムでどうなるかは分かりませんよ。

でも、中身はすごく素敵なのにそれを初めの2~3分で発揮できない方は、外見勝負の女性にどうしても負けてしまうんですよね。
自分の前が空席なのは、やっぱり気まずい。
仕方なくお手洗いに行く。
でも、後半のフリータイムは完全着席型だから、それができない。
結局、自分の前は空いたまま…

男性が想像したって嫌ですよね(^^;;

個室はそれが他の人から見えないから、気持ちが楽みたいです。
そこで、通常スタイルのパーティーでなかなか結果が出ない方が、個室スタイルに集まってくるわけですよ。
だから、正直、選ぶのがけっこう難しいです。

でも、いらっしゃるんですよね。
たまたま時間がそこしか合わなかったから参加したという、素敵女子が。
そういう方と出会うために、僕は個室スタイルに参加しています。

あまりモテない僕ですが、個室スタイルでも何度かカップルになったことがあります。
初めはなかなかカップルになれなかったのですが、ちょっと気を付けてみたらカップリング率が上がりました。
それは「攻め方を変えた」のです。

システム的な攻め方として、中間印象カードは本当に話したい方2~3人の番号しか書かないようにしました。
なぜなら、ホワイトキーのパーティーでは「サポートフリータイム」というのがあるからです。
これは中間印象で書いた番号をもとに、スタッフさんが話し相手を決めるというシステムです。
スタッフさんの説明では「たくさんの番号を書いていただいた方が、よりパーティーを楽しめます。」と言っていますが、僕は逆だと思っています。

そもそも第6指名の方とカップルになりたいか?ということです。

たまにすごく良いパーティーに当たり、自分の好みの女性が何人もいて選べない…なんてこともありますが、そんな経験はまずないですよね?
でも、妥協して第6指名まで書いてしまうと、そんなに興味ない方のところへスタッフに連れていかれるかもしれないからです。
だから、「このパーティーが終わったら即手をつないで歩ける!」くらいの女性でないと番号を書きません。
それに、前半のフリータイムでも話し、後半のサポートフリータイムでも話せたら、それだけカップルになる可能性も上がるじゃないですか!
人間、接触回数が多い相手には親近感を抱きやすいものですから。

これは女性の側でも同じことが言えるのではないでしょうか?
やはり意中の男性と話したいのであれば、その人の番号しか書かないくらいの方がカップルになれますよ(o^_^)b
自分のことを良いと思ってくれた男性とカップルになりたいと思われる方もいると思います。
でもそれは、前半のフリータイムでお話しできるから大丈夫なんです。


で、

先日、その個室パーティーに行ったときに、ある出来事に遭遇しました。



(つづく)

にほんブログ村


個室での攻防2 〜お願いします!!!〜
PREV
NEXT
婚活女性と会計
About this site
40歳を過ぎた男が本気で結婚を夢見て、婚活をしてみました。
About me
年齢:40代
仕事:某企業総合職
年収:1000万円未満
婚活歴:3年目