FC2ブログ

Archive2018年10月 1/2

悦子さん5 ~結局、カップリングカードは…~

それから席替えを数回して、最後は美人ダンス講師の席へ行きました。フリータイムが終わり、いよいよカップリングカードの記入の時間になりました。僕は目の前にいる美人か、それとも純粋な悦子さんか、とても迷いました。そして、中間印象の結果を踏まえて、悦子さんを第一希望にすることにしました。なぜなら、中間印象で僕を1位で書いていてくれたからです。美人ダンス講師も上位で書いていてくれたので、本当にどちらとも言え...

  •  -
  •  0

悦子さん4 〜気があるのか?ないのか?〜

前半のフリータイム1回目。僕はそのまま悦子さんと話すことにしました。僕「もう少しお話させていただいても良いですか?」悦「あ、はい。よろしくお願いします。」僕「よろしくお願いします。」悦「あの…」僕「はい?」悦「さっきのカード、書きました?」僕「はい。書きましたよ。悦子さん、書かなかったんですか?」悦「書いたんですけど、もう誰が誰だったか分からなくて…」僕「そうですよね。けっこう人数いましたもんね。」...

  •  -
  •  0

悦子さん3 ~どこまでも純粋~

僕が中間印象カードを書こうとしたその瞬間、悦「あの、聞いてもいいですか?」僕「はい、何でしょう?」悦「このカードは、これを見ながら書くんですか?」と、悦子さんが僕に見せてきたものは…男性陣のことがかかれた悦子さんのメモでした( ゚Д゚)エッ?それは人に見せちゃいけないでしょ(^^;;だって、名前から年齢、特徴まで書かれているんですから。しかし、そのメモも途中からはほぼ空欄になっており…僕「そうですね。メモを見なが...

  •  -
  •  0

悦子さん2 ~漢字は肝心~

プロフィールシート。婚活されているみなさん、このシート、どこから見ていますか?僕は趣味や休日の過ごし方から見ています。共通点を見つけるには、ここが一番ですからね。何しろ、ホワイトキーの回転ずし(初めの自己紹介タイムのこと)は、時間が2~3分と短すぎるんです。このたった2~3分の中で話をしなければならない。しかも、この後につながる話をしないと、次のフリータイムがきついんです。そこで、共通点を見つけて、話...

  •  -
  •  0

悦子さん1 ~早めに申し込んだはずが…~

今回参加したのはホワイトキーのパーティーです。ホワイトキーはデータ分析あり、フリータイムありで、他のパーティーより仲良くなれる確率が高いと思っています。フリータイムがない方がじっくり話せるんですけど、初めの方に話した人の記憶が薄れてしまうんですよね。だから、その辺の自信がない人にとってはオススメなんです。↓ホワイトキーの詳しい情報はこちらから今回は前々日の夜に申し込みました。それなのに、受付を済ま...

  •  -
  •  0

大変残念なお知らせですが…

みなさま、こんにちは。あべれいじです。今回は大変残念なお知らせです。僕のブログではコメント欄を閉鎖させていただいております。これは以前、コメント欄に暴言を平気で書き込まれる方がいたためです。ネットの世界ですから、顔が見えません。だからコメント欄に何を書いても、どうせ僕には誰が書いたかなんて分からないんです。でも、それを読めば嫌な思いもしますし、そのコメント見た他の読者の方も嫌な思いをするでしょう。...

  •  -
  •  0

郁美さん10 ~体調を崩された?~

それから週末を迎えたのですが、郁美さんからの連絡はきません。もしかして、忘れられてる?それとも、送ったつもりで送れてなかったとか?とりあえず、こちらから連絡してみることに。僕「こんばんは。来週の予定、どんな感じでした?」……既読にはなるものの、返信はきません。それからまた数日後。まったく返信がくる気配がないので、これはもうダメかもしれないな…と思い始めました。けど、前回、僕も体調を崩した経験が自分で...

  •  -
  •  0

郁美さん9 ~そして話が急展開へ~

郁美さんからLINEがきました。郁「こんばんは。日曜日の件なのですが、次の日が健康診断なのを忘れていました。飲んだり食べたりあまりできませんが、良いですか?」僕「こんばんは。それなら、別に日にしましょうか? そういうの気にしなくていい日の方が良くないですか?」郁「お気遣いありがとうございます。」僕「では1週間延ばしますか? もしくは平日の夜とかでも大丈夫ですけど。」郁「そうですね。仕事帰りでも良け...

  •  -
  •  0

郁美さん8 ~まさかの連絡に驚き~

バイブ音につられてスマホを見ると、郁美さんからでした。郁「今日はありがとうございました。色々お話ができて、楽しかったです。蒸し暑いですが、体調に気を付けてお過ごしくださいね。」おーーーっ!\(^o^)/郁美さんから嫌われていたと思っていた僕は、もう連絡はこないものだと思っていました。それが、郁美さんから連絡がくるなんて…。僕は跳び上がらんばかりの勢いでした。いや、落ち着け。落ち着けよ。最後の一文。「体調...

  •  -
  •  0

郁美さん7 ~何ともタイミングが悪いことで~

僕「あっ」郁「あっ」僕が箒で掃いているところへ、郁美さんが戻ってきてしまいました。僕「すみません。」郁「どうされたんですか?」僕「ガラスがまだ残っていたので、取ってしまおうかと…」郁「そうなんですね。ありがとうございます。お店の方は?」僕「それが見あたらなかったので、箒を拝借してしまいました。」もう少し遅く帰ってきてくれれば何事もなく済んだのに、何だか変な空気になってしまいました。その後も、会話は...

  •  -
  •  0


About this site
40歳を過ぎた男が本気で結婚を夢見て、婚活をしてみました。
About me
年齢:40代
仕事:某企業総合職
年収:1000万円未満
婚活歴:3年目