Archive2016年12月 1/1

茜さん72 〜嘘でしょ?!〜

茜さんともう一度、話をしました。どうしても納得のいかなかった僕は、一度冷静になってから茜さんと話そうと思っていたのです。僕「今まで付き合ってきた人とも、そういう関係にならなかったわけ?」茜「別にそんなことないよ。」僕「じゃあ、昨日のは何だったの?」茜「特に。ただ、じーさんとはしたくなかっただけ。」僕「他の人とはするのに?」茜「そういう言い方しないでくれる? 誰とでもするじーさんとは違うんだけど。」...

  •  -
  •  -

茜さん71 〜ひとまず停戦〜

対等な関係を望んでいない…茜さんは僕をどうしたいのでしょう?子分か何かにしたいのでしょうか?茜さんが今までどんな恋愛をしてきたか、茜さんの口からしか聞いていないから分からない部分も多々ありますが…しかし、この言葉から想像するに、茜さんどんな付き合ってきた男性はかなりのドMだったはずです。叩かれても蹴られても文句を言わない。夜の関係も持たない。ただひたすらに、茜さんにつくす…そして、それらを全て許す男。...

  •  -
  •  -

茜さん70 〜真夜中の攻防その2〜

やめてくれる?!やめてくれるって、どういうこと?!と思ったか思わないかくらいのタイミングで、バシッ! バシッ! ドカッ!顔面に平手が2発と、股間に蹴りが1発。僕「痛えな! 何するんだよ!」僕も身を守るために応戦。もちろん、女の子相手に本気で殴りかかる訳ではありませんが、茜さんは本気で攻撃してくるので止めなければなりません。茜「痛っ。女の子に手をあげるなんて最低。」僕「そっちが先にやってきたんだろ?」...

  •  -
  •  -

茜さん69 〜真夜中の攻防その1〜

茜さんは久々に泊まっていくことになりました。明日が休みだというのと、久しぶりにたくさん話して、お互いに楽しくなったからでした。お酒も入って良い雰囲気にもなっていたし(*^^*)ベッドの上でしばらくふざけ合っていたのですが、しだいに…良い雰囲気になってきたところで、いよいよ…まあ、そういうことになろうとした時、茜さんの口から出た言葉に僕は驚きました。茜「ちょっと、やめてくれる?!」(つづく)...

  •  -
  •  -

茜さん68 〜意外と…?〜

ご飯を食べ終え、のんびりテレビを見ていました。茜さんはバラエティー番組が好きらしく、この日は某クイズ番組を見ていました。茜「あ!これ知ってる!」茜「えっとね…〇〇だったかな?」と、楽しそうに答えを考えていました。茜「えっ? これ何???」僕「あ、それって##じゃない?」茜「本当だ!」僕「でしょ?」茜「意外と頭良いんだねー」意外と???今まで僕はどう見られていたのでしょうか?きっと茜さんよりもずっと下...

  •  -
  •  -

茜さん67 〜おもてなし〜

夕方。茜さんからLINEがきました。茜「多分19時過ぎると思う。」そっか…少し時間があるから、夕飯でも作るか(^^)僕「じゃあ、夕飯作っておくよ。」茜「ふーん。」ふーんって何だ???(^^;;と言っても、家にはたいしたものはなく…とりあえず、鰈の煮付けとみそ汁、ほうれん草のごま和えを。ちょうど作り終えたタイミングで、インターホンが鳴りました。茜さんを中に招き入れ、作ったものを並べていると、茜「じーさん、この魚、何...

  •  -
  •  -

茜さん66 〜きた!〜

何とも言えない寂しさ。のんびりできてはいるんですけどね。やはり、今までいた人が急にいなくなると、それは、たった数日間のことだったとしても、意外とこたえるんですね。もう少しのんびりしようかな。…と、思ったら、茜さんからLINEがきた!茜「書類作りたいんだけど、そっちにパソコンある?」ん?何だ?この2日間のことは何もなかったような、普通のLINE。まあ、ここで色々蒸し返しても良くないと思い、そのまま続けることに...

  •  -
  •  -

茜さん65 〜ルーチンワーク〜

仕事が終わって、携帯を見ました。茜さんからのLINEはきていません。別に話すことなどないので、LINEなんて来なくてもかまわない…はずでしたが、毎日会って話したりLINEしたりしていたので、何だか気持ちが悪いです。自分からLINEすれば良いのですが、なんかそれもシャクに触るというか…こんなところで意地を張っても仕方がないのです。それは分かっています。けども、なんてLINEすれば良いんだ???やはり話すこともないので、そ...

  •  -
  •  -

茜さん64 〜何気ない朝の風景〜

朝、6時半に起きる。朝食の支度。ご飯と、納豆と、味噌汁と、野菜と、果物。テレビの天気予報で「今日は寒いです。ぜひ温かい格好でお出かけください。」と言っていて、当たり前だけど「親切だな」と思ってしまう。今日はロングコートにストール。靴はソールの厚い方にしようかな。食器を片付けて、コートを羽織り、靴を履いて、鍵をかける。とても普通。そんな朝。これが普通、なんだな…(つづく)...

  •  -
  •  -


About this site
40歳を過ぎた男が本気で結婚を夢見て、婚活をしてみました。
About me
年齢:40代
仕事:某企業総合職
年収:1000万円未満
婚活歴:3年目