Archive2016年10月 1/3

茜さん33 〜罵倒〜

翌日。仕事を予定通りに終わらせ、茜さんとの待ち合わせ場所に向かいました。職場を約束の時間の1時間前に出発。電車の乗り換えもスムーズで、15分前に到着。茜さんに「着いたよ。」LINEしました。茜さんはほぼ約束の時間通りに到着。茜「お待たせ〜」僕「どうも。」茜「あれ? 車は?」僕「えっ? 今日は電車だよ。」茜「は〜っ?! 何で電車でくるの?! バカじゃないの?!」僕「車で来るって言ったっけ?」茜「せっかく美...

  •  -
  •  -

茜さん32 〜テーマソング〜

帰りの車の中でラジオをつけました。深夜番組は取り立てて面白いものはなく、何となく聴き流す感じでした。すると、スキマスイッチの「藍」が流れてきました。何かピッタリくるなと…今の状況は茜さんから誘いがきているものの、茜さんが僕のことを好きだということはあまり感じられません。むしろ僕の方が、茜さんにどんどんハマっていっている感じです。それで結構悩むことがあって…でも、また会えると思うと嬉しくて…だから、こ...

  •  -
  •  -

茜さん31 〜明日は付き合います〜

とりあえず食事を終わらせ、茜さんからのLINEを読みました。茜「明日、何してますー?」おー、またすぐに明日の誘いか。僕「特に、何も。」茜「じゃあ、仕事終わったら来てください。」僕「分かりました。」茜「今日はご飯付き合えなかったんで、明日は付き合いますよ。」僕「了解。」茜「18時に来れます?」僕「明日は早くても18:30になると思うよ。」茜「じゃあ、それまで仕事してます。着いたら連絡ください。」僕「了解!」茜...

  •  -
  •  -

茜さん30 〜深夜のファミレスで〜

僕「じゃあ、変じゃない人が来てたら、どうしてたんですか?」茜「別にどうもしませんよ。」僕「僕たち付き合い始めたんですから、もう合コンとかやめてくださいね。」茜「はいはい。」僕「あと…もう敬語やめませんか?」茜「ああ…別にいいですけど。」何か付き合い始めたというのに、嬉しさがどこかへいってしまっているような…でも、ちょっとずつでも距離を縮めていきたいので、言いたいことはなるべく言うようにしていこうと思...

  •  -
  •  -

茜さん29 〜ご飯を食べに行こうとして〜

車の中でしばらく待つことにした僕。20分たっても連絡がこないので、もう一度LINEしてみることに。僕「まだですか?」すると、返信がきました。茜「どこにいます?」僕「**の路地を一本入ったところにいます。」茜「分かりました。」それから5分くらいして、ようやく茜さんがきました。茜さんを車に乗せ、とりあえずご飯を食べようと駐車場のあるお店を探しました。茜「どこに向かってるんですか?」僕「駐車場があるお店じゃな...

  •  -
  •  -

茜さん28 〜突然の誘いでも〜

今夜いきなりか…昨日の今日だし、会って悪いことはないかな。そう思った僕はOKの返事をすることにしました。僕「今夜、良いですよ。」茜「じゃあ、21時に**に来てくれます?」えっ?! 21時?!なぜ、そんなに遅い時間に???もしかしてこれは…(≧∀≦)僕「はい、分かりました。21時に**ですね。」茜「着いたら連絡ください。」 僕「分かりました。」茜「車で来てくださいね。」僕「はい。了解です!」付き合うことになったから...

  •  -
  •  -

茜さん27 〜その日のうちにLINE〜

僕は家に着いて荷物を置くと、茜さんからのLINEを見ました。茜「今日はありがとう。帰り、気を付けてください。」いたって普通のものでした。まあ、付き合い始めたからと言って何かが急に変わるものでもないし、良いのかな(^^)僕「こちらこそありがとうございました。今、家に着きました!」茜「おつかれさま。私はもう寝ます。」僕「はい。もう遅いですもんね。」茜「つか、誰にでもすぐああいうこと言ってるんですか?」あれ? ...

  •  -
  •  -

茜さん26 ~結局、告白の行方は…~

週に何度も会ってたのは暇つぶし…茜さんからの衝撃的な発言を聞いてしまった僕は、この空気をどうしたらよいか戸惑ってしまいました。でも、ここまできたら引き返すわけにもいかず…僕「本当に暇つぶしだったら僕じゃなくても良かったのに、僕を誘ったってことは、やっぱり会いたかったんでしょ?」茜「まあ、会いたくないわけじゃなかったですけど。」僕「僕も茜さんと会いたいと思っていました。お付き合いしましょう。」茜「じゃ...

  •  -
  •  -

茜さん25 ~告白…そして意外な返事~

何とかカレーを胃袋に収め、店を出ました。そのまま夜風に当たりながら、ショッピングモール周辺を散歩。夜景のきれいな場所があったので、そのベンチに座ってしばらく話すことにしました。雰囲気は申し分ない!(^^♪少し他愛もない話をした後、ついに本題に入ることにしました。僕「茜さん、僕と付き合ってください。」何て言おうか迷ったのですが、ストレートに伝えるのが一番かと思い、そうしました。茜「え~。」あれ?あれれ?...

  •  -
  •  -

茜さん24 ~食の好みは重要で~

翌日、茜さんとディナーに行くことになりました。公園デートの帰りに茜さんからLINEがきて、「明日、仕事終わりに食事にでもいきません?」と言われたからです。で、ここまで誘われるということは、茜さんは僕に気があるということですよね?というか、これはもう確実でしょう。そろそろ正式に付き合うという提案をしてもいいんじゃないかと思いました。僕は茜さんと会っているうちに、どんどん惹かれていってるのだと気付きま...

  •  -
  •  -


About this site
40歳を過ぎた男が本気で結婚を夢見て、婚活をしてみました。
About me
年齢:40代
仕事:某企業総合職
年収:1000万円未満
婚活歴:3年目