Archive2016年06月 1/3

聖菜さん20 ~意外な展開その2~

聖菜さんがさっさと店を出て行ってしまったので、僕はレジでお会計を払おうとしました。そう言えば、この店、伝票がなかったな…と思っていたら、店員さんが「どうぞお帰りください」という仕草…?あっ!!!聖菜さんが払ってくれたのか!!!\(^o^)/うわっ、珍しい。こういうこともあるんですね。明日は嵐かしら?(←失礼ナ!僕「聖菜さん、ごちそうさまです。」聖菜「いいえ。払おうかどうしようか迷ったんですけでどね。」僕「...

  •  -
  •  -

聖菜さん19 ~個室、無事取れました。そして意外な展開に~

聖菜さんが遅れるということで、先にお店に入りました。店員「いらっしゃいませ。1名様ですか?」僕「いえ。あとから連れがくるので2名です。」店員「2名様ですね。かしこまりました。」僕「すみません。個室って空いてますか?」店員「空いておりますよ。どうぞ。」個室、空いてました(;^ω^)座ってすぐに聖菜さんから連絡が来ました。聖菜「もうすぐお店着きます。個室空いてましたか?」僕「はい。もう座っています。」聖菜「分...

  •  -
  •  -

聖菜さん18 ~とりあえず復活?~

高級料理を食べて満足したのか、帰りは上機嫌だった聖菜さん。解散した後、電車に揺られているとLINEが。今日のお礼かな?と、思ったのですが…聖菜「明日は何時頃、仕事終わります?」僕「多分、定時には上がれると思いますけど?」聖菜「じゃあ、19時に○○駅に来てください。」僕「分かりました。」これは何でしょう???高い料理をご馳走になったから、少しはお礼をしてくれるのか?いやいや、単なる謝罪の場だったから、ま...

  •  -
  •  -

聖菜さん17 ~目玉が飛び出る!~

聖菜さんのところへ慌てて向かった僕。僕「お待たせしました。」聖菜「いえ。たまたま早く着いたので。」僕「じゃあ、お店に行きましょうか。」聖菜「はい。」そこのお店は、けっこう高級感が漂うお店でした。僕は普段ジャンキーなものばかりを好んでしまうせいか、あまりこういったお店には行かなかったので新鮮ではありました。メニューを見ると、友だちが教えてくれたお店よりさらにお高い感じ(^^;;僕がどれにしようか悩んでい...

  •  -
  •  -

聖菜さん16 ~お店選びはどうすればいいの?~

さて、せっかくなので美味しいものを…とネット検索してみるも、情報が多すぎて何が良いのかさっぱりです(^^;;そこで、友だちにそういうのが詳しい人がいるので、連絡してみました。僕「実は女性を連れていけるお店を探してるんだけど、いいお店知ってる?」友「何? デート?」僕「デートというより、謝罪?」友「謝罪?! 何かやらかしたのか?」僕「別に大したことじゃ…いや、大したことかな。」友「ふーん。だったら、それな...

  •  -
  •  -

聖菜さん15 ~もうこれで終わりなのか?~

何だかすっきりしないままの気持ちでいましたが、何とか踏ん切りをつけないといけないと思いました。見てはくれないとは分かっていますが、それでも聖菜さんにLINEを送りました。僕の今の気持ちを書きました。聖菜さんともう一度話したいと。すると、なんと、聖菜さんから返信がきました!聖菜「そんなに話したいんですか?」僕「もちろんです。」聖菜「じゃあ、ちゃんとあやまってください。」僕「すみませんでした。」聖菜「...

  •  -
  •  -

聖菜さん14 〜LINEを開くと…〜

聖菜さんからのLINEには、僕の予想の遥かに上をいくことが書かれていました。その内容とは…聖菜「今日、あべさんの過去の話を聞いて、とてもショックでした。ああいう恋愛をする人だとは思っていませんでした。もう話したくありません。では。」えっ?!(;゜0゜)僕は単なる嫉妬かと思っていましたが、もう話したくもないという思いまでさせていたとは……その後、「もう一度きちんと話させてください。」とLINEをしました。いつ...

  •  -
  •  -

聖菜さん13 ~モヤモヤしたままで~

聖菜さんとランチをしながら食事していた僕。しかし、聖菜さんの様子が変わっていくにつれて、僕もだんだん不安になってきました。ランチの時間はあっという間に終わりました。ほぼ僕の恋バナを話しただけで、あとはちょっとした世間話と料理の感想程度。僕は午後の仕事がなかなか手につかず、自分の話した内容を頭の中でリピートしていました。⇒香澄さんとの思い出を振り返る香澄さんとの間にはいろいろとありましたが、どれも良...

  •  -
  •  -

聖菜さん12 ~僕の恋バナが思わぬ方向へ???~

聖菜さんとランチの約束をした僕でしたが、聖菜さんとの約束の時間に合わせるのに苦労しました(^^;;お昼休憩って、もっと自由に取れればいいのになと思いませんか?うちの会社は比較的自由な方だとは思いますが、それでもいろいろありますよね。で、今回は無事に抜け出せて、聖菜さんとの待ち合わせ場所へ向かいました。今回のお店は聖菜さんがチョイス。僕「着きました!」聖菜「すみません。もう少しで行けるので、先に店に入っ...

  •  -
  •  -

聖菜さん11 ~恋バナの続き~

聖菜さんの恋バナを色々と聞けて、満足だった僕。でも、こういうのって、聞きたい派と聞きたくない派で分かれますよね?僕は断然聞きたい派です。その人がどういう恋をしてきたかとか、興味ありますもん(^^)まあ、あまり生々しいのは嫌ですが(^^;;聖菜さんの話が一段落したところで、聖菜「あべさんは、最近お付き合いした人とかいないんですか?」僕「いなくはないですよ。」聖菜「どんな人だったんですか?」僕「あ、その話聞き...

  •  -
  •  -


About this site
40歳を過ぎた男が本気で結婚を夢見て、婚活をしてみました。
About me
年齢:40代
仕事:某企業総合職
年収:1000万円未満
婚活歴:3年目