Archive2016年04月 1/3

香澄さん40 ~何を言っても冷たい反応~

次の週の週末も、香澄さんと会う約束をしました。これでもう、ほぼ毎週末会っているような感じです。今回はのんびりお昼を食べてからの集合。そして、カラオケからの夕飯コース。香澄さんとのカラオケも、だんだん楽しくなってきました。今回は採点ゲームで対戦してみました。曲は機械が勝手に選び、流れた曲を歌うというゲーム。そして、負けた方が相手のいうことをきくという罰ゲーム付( ̄▽ ̄)2人とも知らない曲が流れたときにど...

  •  -
  •  -

香澄さん39 ~誕生日と言えば忘れてはいけないものが~

楽しい公園での時間も終わりになりました。夕方になったので、夕飯を食べに行こうということに。ちょっとリッチに、お寿司を食べに行きました。そのお寿司屋さんはいつも混んでいるので、早めに公園を出て、お店に向かいました。お店に入ると、時間が早かったせいか、まだそんなにお客さんはいませんでした。お寿司をつまみながら、また先ほどの話に。香澄「ねえ、ああいうのってさ…」僕「ああいうの?」香澄「なんだっけ…ペットボ...

  •  -
  •  -

香澄さん38 ~あ! すごい! たった!~

モヤモヤから解放された僕は、香澄さんの作ってくれた弁当を夢中でほおばりました。お茶を飲みながら一休み。僕はここであることを思いつきました。それは…ヒットペット!\(^o^)/ペットボトルに少量の水を入れ、キャップの部分のを指ではじくと、起き上がりこぼしの要領で倒れたペットボトルが立つんです!こういうの、香澄さん好きそうだ何と思ってやってみました。僕「ねえねえ、これ知ってる?」香澄「なに?」僕「ペットボト...

  •  -
  •  -

香澄さん37 ~モヤモヤの正体~

モヤモヤの正体がいよいよ現れました。僕「じゃあ、お昼買ってくるよ。何が良い?」香澄「あのさ…」僕「ん?」香澄「お弁当…作ってきたんだけど…。」えーーーーっ?!やったー!!!\(^o^)/なんと、昨晩の電話でジュージューと炒め物の音がしていたのは、この弁当のおかずを作っていたのでした。僕はとんだ勘違いをしていました。香澄さんはギリギリまでバレないように、隠して隠して…サプライズ!僕が誕生日プレゼントをあげな...

  •  -
  •  -

香澄さん36 ~いつもとかわらないと思いたいが~

香澄さんを乗せて、公園へと車を走らせました。車の中では、香澄さんとの会話はいつもと変わりませんでした。昨日あったできごとや、最近観た面白いテレビのこと…普通だ(´・ω・`)そう、普通なんです。自分が意識しすぎているだけなんです。そう言い聞かせて、ドライブをしていました。公園についてシートを広げました。僕「じゃあ、一息ついてからキャッチボールしようか。」香澄「そうだね。運転疲れたでしょ。」僕「いや、そんな...

  •  -
  •  -

香澄さん35 ~ドライブデート当日~

ドライブデートの当日、僕は待ち合わせ場所に時間より早めに着きました。香澄さんはまだ、電車に揺られているようでした。僕「着いたよ。」香澄「ごめん。まだ電車。」僕「今どこ?」香澄「##だから、あと15分くらいかな。」僕「分かった。待ってるね。」こういうときの待ち時間って嫌じゃないんですよね。早く来ないかな…とは思うんですが、ラジオを聞きながらのんびりと待っていました。そして15分後。香澄さんがやってきまし...

  •  -
  •  -

香澄さん34 〜深夜の炒め物〜

香澄さんとのドライブデートは、香澄さんの誕生日の翌日でした。僕はデート前日に、次の日の確認もあって電話しました。僕「もしもし。」香澄「もしもし。」僕「お誕生日おめでとう。」香澄「ありがとう。」僕「明日、楽しみだね。」香澄「そうだね。晴れそうで良かったね。」僕「本当、良かったよ。香澄と会う時、いつも雨だもんね。」香澄「それ、私のせいって言ってる?」僕「そうとは言ってない。」香澄「れいじくんが雨男なん...

  •  -
  •  -

香澄さん33 〜プレゼントはこれに決定!〜

僕「何……?」香澄「あのさ、この前の公園に連れていってくれない?」僕「いいけど。」香澄「それが誕生日プレゼントね。」僕「そんなので良いの?」香澄「うん。また前みたいにキャッチボールがしたい。」僕「えっ?キャッチボール?」香澄「そう。ボール投げるの、楽しいじゃん。」僕「分かった。じゃあ、ボールとグローブ持っていくね。」香澄「ありがとう。」僕「雨、降らないといいね(笑)」香澄「そうだね(笑)」ということ...

  •  -
  •  -

香澄さん32 〜誕生日プレゼントに悩む〜

香澄さんとのカラオケは、良い雰囲気で終わりました。前回とは違って、こんな雰囲気で終われるなら、何回でも行きたいです。それくらい思い出深いものになりました。その日は帰ってから電話はしませんでした。いつもなら、会った日でも夜には電話をしていたのですが、何だかそんな気分でもなくて。話すのが嫌なわけではなく、この良い感じのまま寝たいなと思えたんです。でも、翌日の夜になれば、また香澄さんの声が聴きたくなるん...

  •  -
  •  -

香澄さん31 〜カラオケでリベンジ〜

前回の悪夢を払拭すべく、香澄さんとカラオケに来ました。まずは声出しも兼ねて、嵐や藤井フミヤを数曲歌いました。香澄さんは例によって聴いているだけ。本当は歌ってほしいけど、無理に歌わせてもねぇ…(^^;;僕「香澄、歌わないの?」香澄「うん。そのうち歌うよ。」僕「じゃあ、何かリクエストある?」香澄「えーっと…スキマスイッチとか聞きたいな。」僕「スキマスイッチね…」 ということで、「藍」と「奏」を歌いました。香澄...

  •  -
  •  -


About this site
40歳を過ぎた男が本気で結婚を夢見て、婚活をしてみました。
About me
年齢:40代
仕事:某企業総合職
年収:1000万円未満
婚活歴:3年目