Category金銭感覚が違いすぎる 聖菜さん 1/5

聖菜さん47 ~はっきりとした気持ち その3~

世の中の男性は、女性に対してかなり尽くしているんですね。今住んでいる家を解約して引っ越し…こんなことが当然のように行われていたなんて、僕は世間知らず過ぎました。でも、無理です!聖菜さんと一緒にいれば楽しいし、これからもずっとそんな気持ちでいられるのかもしれません。ですが、その前に僕は自己破産申請をしなければいけなくなります。聖菜さんのいうようにお金を使っていたら、いくらあっても足りません。それくら...

  •  -
  •  -

聖菜さん46 ~はっきりとした気持ち その2~

聖菜さんから思わぬ言葉を聞いて、僕は開いた口が塞がらなくなりました。聖菜さんは、・もっと気軽に会いたい・僕の家に泊まりにきたいと言っているのです。ということはですよ、結婚をするきはないと散々言っておきながら、やはり僕に気があるということですよね?そうでなければ、わざわざ引っ越さなくても、会いたくなったときにだけ会えばいいわけですから。それなのに、もっと一緒にいたいんだから、本当に僕のことが好きなん...

  •  -
  •  -

聖菜さん45 ~はっきりとした気持ち その1~

聖菜さんと電話をしました。聖菜さんとは最近、LINEのやりとりよりも、電話の方が多くなってきました。その電話で、聖菜さんからまたまた衝撃の発言を聞くことになりました。聖菜「もしもし。」僕「もしもし。」聖菜「なんか、二泊三日で一緒にいたから、会ってないと寂しいね。」僕「うん…まあ…そうだね。」聖菜「ねえ、うちの近くに引っ越してきなよ。」僕「えっ?」聖菜「そうしたら、れいじさんの家にも行けるし、もっと気...

  •  -
  •  -

大変申し訳ありません。

僕のブログをご愛読いただき、ありがとうございます。今日、聖菜さんとの話のつづきを…と思っていたのですが、時間ギリギリまで編集作業していたら、誤って消してしまいました(>_...

  •  -
  •  -

聖菜さん44 ~真剣に悩む~

聖菜さんを送り、僕は運転しながら今までのことを振り返っていました。聖菜さんは僕のことをどう思っているんだろう…?もちろん、好意がなければ一緒にいないだろうし、付き合いもしないと思います。でも、ここまではっきりと「結婚はない」と言われたら、もうどうすることもできませんよね…でも、帰ってスマホを見ると、聖菜さんから早速LINEが来ていました。聖菜「旅行楽しかったね。おやすみ。」ね?分かります?本当に僕の...

  •  -
  •  -

聖菜さん43 〜地獄のドライブ その3〜

元彼の話がけっこう強烈過ぎて、戸惑ってしまった僕。でも、ますます聖菜さんの過去の恋愛に興味が出てきました。僕「でも、その彼ともけっこう長く付き合ったんでしょ?」聖菜「1年半くらいかな。」僕「それでケンカ別れしちゃったんだ…」聖菜「そうだね。」僕「でもさ、そこまでいって、結婚とか考えなかったの?」聖菜「その人とはそんな感じじゃなかったからね。」僕「そうなんだ…まぁ、どんな感じか分からないけど。」聖菜「...

  •  -
  •  -

婚活における金銭感覚の違い

みなさん、僕のブログにたくさんのコメントありがとうございます!!!今までこんなにコメントが付いたことがなかったので、うれしいのと同時に少し戸惑っています(;´・ω・)そこで、今回はみなさんからいただいたコメントに対する僕の意見を書かせていただこうかと思います。(あのつづきが気になっている方、スミマセン)金銭感覚の違いは結婚生活に影響する…みなさんのおっしゃる通りだと思います。僕もここまでくるとちょっと…と...

  •  -
  •  -

聖菜さん42 ~地獄のドライブ その2~

なんとな~くラジオが流れる車内…2時間くらい走ったでしょうか。休憩するためにSAに寄りました。トイレに寄って、コーヒーを買って、ちょっとブラブラ。この辺から聖菜さんの機嫌も少しずつ直ってきたみたいでした(;^ω^)土産物屋さんを一緒に回りました。聖菜さんは、「うちの上司に買って行こうかな…」と色々見ていました。車に戻り、ドライブ後半戦。さっきとは打って変わって、聖菜さんは色々と話し始めました。聖菜「けっこ...

  •  -
  •  -

聖菜さん41 ~地獄のドライブ その1~

聖菜「あれ???」僕「あ、出た?」聖菜「何でお風呂入ってないの?」僕「ちょっと疲れたから寝てたよ。」聖菜「入らないなら入らないって言ってよ。」僕「え? 何で?」聖菜「だったら無理して寄らなかったのに。」僕「だって、入りたかったんでしょ?」聖菜「そうだけど、一人で入るならわざわざ寄らないよ。」聖菜さんは、僕がお風呂に入らなかったことがよほど気に入らなかったみたいです。そして、その後の帰りの車の中では...

  •  -
  •  -

聖菜さん40 ~とても小さいことだけど…~

ご飯を終えて、車に乗りました。聖菜さんは一生懸命スマホをポチポチ…聖菜「ねえねえ、この近くに日帰りでも入れる温泉があるから寄っていかない?」僕「いいけど、ここからどれくらい?」聖菜「カーナビに入れてみれば?」僕「じゃあ、住所教えて。」聖菜「○○市××…」僕「えっと…ここからだと20~30分だね。寄っていこうか。」聖菜「そうしよう!」といことで、温泉へ。しかし、僕のテンションはガクッと下がっていました。温泉に...

  •  -
  •  -


About this site
40歳を過ぎた男が本気で結婚を夢見て、婚活をしてみました。
About me
年齢:40代
仕事:某企業総合職
年収:1000万円未満
婚活歴:3年目