Category暴れん坊 茜さん 1/11

茜さん109 〜別れを決めました〜

茜さんからのラインは「明日、ひま〜?」というものでした。あれだけ人を叩いておいて、ゴメンの一言もないなんて…まぁ、そもそも悪いと思ってないんだから無理もないんですけどね。よくカップルが別れる原因で「価値観の違い」ってありますよね?まさに、こういうことを言うんだろうなと思いました。一番譲れないところが食い違ったら、もうそれはダメなんですよね。例え他のことが全て我慢できたとしても。と言うことで、茜さん...

  •  -
  •  -

茜さん108 〜ネタじゃなくて…〜

本当に今日は…バイキングの小峠が「なんて日だ!」ってネタでやっていますが、今回のことはネタじゃなくマジなレベルでした。以前から茜さんの暴力については話をしてきました。それに対して茜さんは「男の暴力は最低。自分は仕方がない。」というスタンスを絶対に崩しませんでした。きっと育った環境がそうだから仕方ないのかもしれません。でも、大人なんだから、考えれば分かるような気もする…というか、そこは分かって欲しかっ...

  •  -
  •  -

茜さん107 〜やっぱりか…〜

引き返してみると、ほぼさっきの場所に茜さんはいました。歩いて行って、また戻ってきたのでしょう。素直に「送って」と言えれば良かったのに…なんて考えながら、茜さんに声をかけました。すると、茜さんは何も言わず、ササッと車に乗り込みました。それも、また後部座席に。僕も運転席に乗り込み、出発。少し走り出したところで、後ろでバンッという音がしました。「何だ?!」と思いましたが、その音の正体はすぐにわかりました...

  •  -
  •  -

茜さん106 〜着信かと思ったら〜

携帯が鳴っているのは分かりましたが、こちらは運転中。当然、すぐには出られません。しかし、着信音は鳴り止む様子もなかったので、少し走ったところで車を止めました。電話に出ようすると…電話はかかってきていませんでした。その代わりに、ラインが…40件?!?!?!Σ(゚д゚lll)先ほどから鳴っていたのは、ラインの着信音だったんです。よくこれだけ送信できたな(^^;;その内容は、「バカ!」「ハゲ!」「無視するな!」「わざと...

  •  -
  •  -

茜さん105 〜前回のことが頭をよぎり…〜

もう、好き勝手始めた茜さんに呆れてきました。車を降りて歩いて行くなら、それもまた良いかと。ただ…前回、このパターンで放置した結果、「何で勝手に帰るのよ。」と完全に悪者扱いされてしまいましたし(^^;;とにかく、追いかけることにしました。これが正解ですよね?きっと…と、思ったんですが、茜さんに追いつき、また言い争いになりました。僕「待ちなよ。」茜「何? もういいでしょ。」僕「何なんだよ。急いでるっていうか...

  •  -
  •  -

茜さん104 〜突然ガチャッ!〜

全く話を聞こうとしない茜さんに困惑している僕。どうしたものかと思っていると、突然ガチャッという音がしました。何かと思ってミラーで見てみると…後ろのドアが開いていました!Σ(゚д゚lll)僕はハザードを出して、車を止めました。茜「何してんのよ。早く走ってよ。急いでるんだから。」僕「ドアを開けたままで走れるわけないだろ! 事故にでもなったらどうするんだよ。」茜「は? そんなのどうだっていいし。つか、早く行って...

  •  -
  •  -

茜さん103 〜車内で言い争いに…〜

僕「あのさ、今日は話をするために会ったんじゃないの?」茜「話とか、特にないし。」僕「茜にはなくても俺にはあるの。」茜「いいよ。聞きたくないし。」僕「あのさ…」茜「いいから、前向いて運転してなよ。」僕「痛っ!」茜さんは僕の腕を思いっ切りつねってきました。僕は運転しているので、当然何もできません。僕「何するんだよ。運転してるんだぞ。危ないじゃないか。」茜「そのくらい、どうってことないでしょ。あ、次の次...

  •  -
  •  -

茜さん102 〜新居の方へ向かいました〜

茜さんに指定された場所へ向かいました。僕「着いたよ。」茜さんから返信はありません。10分後。僕「まだ時間かかる?」茜さんから返信はありません。20分後。「もう帰るよ。」と打ったところで、茜さんがやってきました。僕「遅かったね。何してたの?」茜「別に、何も。つか、いつもじーさんの方が遅いでしょ。文句言わないでよ。」なんか雰囲気悪いな(^^;;そして、茜さんは後部座席に座りました。いつもなら、ダッシュボードに...

  •  -
  •  -

茜さん101 〜いつの間にか…〜

翌日、仕事が終わり、僕は急いで茜さんのところへ向かいました。当然、家はいまだに分からないので、近くまで行ってラインしました。僕「着いたよ。」茜「どこに?」僕「いつものところ。」茜「いつもって?」僕「いつも送っていったときに、茜が車降りるところだよ。」茜「は? どこ行ってんの?」僕「どこって、迎えにきたんじゃん。」茜「もうそこには住んでないし。」えーーーーーっ?!Σ(゚д゚lll)いつ引っ越したんだ?!全...

  •  -
  •  -

茜さん100 〜何故か怒られて…〜

僕は茜さんに電話しました。僕「もしもし。」茜「もう、なんなの?! しかととか本当ないわ。」僕「あのさ、」茜「何考えてんの? バカ! ハゲ!」話にならん…僕「あのさ、聞いて。その前に何か言うことあるでしょ?」茜「バカ! ハゲ!」僕「よくそういうこと言えるよね。俺、この前、夜中にそっちに行ったんだけど。寝てたでしょ?」茜「ああ。だから、起きてたら会うって言ったじゃん。」僕「そっちから呼び出しておいて、そ...

  •  -
  •  -


About this site
40歳を過ぎた男が本気で結婚を夢見て、婚活をしてみました。
About me
年齢:40代
仕事:某企業総合職
年収:1000万円未満
婚活歴:3年目